シミ・そばかす対策のおすすめの化粧品はどれ?

 

シミ

 

シミを薄くしたい!シミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪

 

※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

また、トライアルに加えて、返金保証付きのシミ対策化粧品もランキング内に加えました。

 

シミ・そばかす対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

【美白が効きにくい方へ】サエルトライアルセット

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

化粧品の基礎

 

洗顔をする女性

 

顔にできるシミ&そばかすの原因

 

顔にできるシミやそばかすは一度できてしまうとなかなか消すことができませんし、見た目年齢にも大きく影響してしまうのでとても厄介です。

 

悩まされているという人も多いのではないでしょうか。対策を講じる前に、まずは顔にできるシミやそばかすの原因についてきちんと理解しておきましょう。

 

シミやそばかすの原因は、メラノサイトから生成されるメラニンの色素沈着にあります。メラニンの色素沈着の原因には様々なものがあります。

 

紫外線や摩擦などによる外側からの物理的な刺激、食生活の乱れによる栄養不足や寝不足や運動不足などの生活習慣、疲労やストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥による角質のバリア機能の低下などがそれにあたります。

 

対策としては、日傘や帽子や日焼け止めでUVケアを徹底して紫外線から肌を守る、摩擦による刺激を与えないようにする、保湿ケアを徹底して角質のバリア機能を高める、健康的で規則正しい生活習慣を心がける、抗酸化作用がある成分を積極的に摂取してメラニンの色素沈着を抑制するなどがあります。

 

抗酸化作用がある成分とは、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、アスタキサンチン、コエンザイムQ10、アルファリポ酸などです。きちんとした対策に努めてシミやそばかすができにくい肌環境に整えましょう。

 

 

シワやシミを増やさない食べ物は何がおすすめ?

 

シミやシワの両方に効果のある方法として、まず紫外線対策があります。

 

紫外線はメラニンを増やすので、シミができやすくなりますし、また皮膚の下にある真皮がダメージを受けるので、肌の弾力が不足し、その結果シワが出来やすくなるのです。まず紫外線をきちんとブロックするようにしましょう。

 

それから普段の食生活の中で、シミやシワを増やさない食べ物を摂るようにしましょう。これにはビタミンCやビタミンE、あるいはL‐システインというアミノ酸などが効果があります。他にもβカロテンやポリフェノールなども、メラニンの排出や、肌を若々しく保つ働きがあるのでおすすめです。しかし、それだけの食べ物をとても把握しきれないという人は、精製されていない食べ物、あるいは色の鮮やかな野菜や果物を多めに摂るようにしましょう。特にビタミンCは、メラニンにも効果があり、コラーゲンの生成を助けてくれます。

 

その反対に、カフェインや甘いお菓子などを摂り過ぎると、シミによくないことがあります。こういうのは気分転換として、少量にとどめておくのがおすすめです。

 

また、普段不規則な生活をしていることで新陳代謝が鈍り、シミやシワのもとになることもあります。

 

生活習慣を見直して、早寝早起きを心がけるようにしましょう。

 

 

美容について語る

 

化粧中の女性

 

美容液の役割

 

日本では、美容液の人気がとても高いです。女性の中には、美容液をなぜ使うか、役割は何かを知らずに使っている人も少なくありません。

 

基礎化粧品の中でも、特別なケアができるのが美容液です。化粧水は肌に潤いを与えますが、化粧水だけでは物足りないと感じている人は多く、肌の悩みに応じたプラスアルファのケアのために美容液が開発されています。

 

美容液の効果は、配合されている成分によって異なります。日本で人気が高いのは、美白やアンチエイジング用の化粧品です。少量でよく伸びるので、1度購入すれば何か月も使える製品が多いです。

 

中高年世代になると、肌が乾燥してバリア機能が低下し、様々な肌トラブルで悩む女性が増えます。保湿美容液は、乾燥しやすい目元や口元を集中して保湿することができます。そのため、たるみやシワを防ぐことが可能です。

 

美白系では、ビタミンC誘導体やプラセンタ、アルブチンなど美白成分の人気が高いです。

 

美白有効成分は、メラニン色素を抑え、できてしまったメラニン色素を定着させないように作用します。有効成分が高濃度で配合されていることで、さらに効果がアップします。

 

高い美肌効果が期待できる美容液ですが、肌に合うものを使うことが重要です。

 

 

乳液はどうして使うの?役割を解説

 

夜のお風呂でのんびりリラックスした後、洗顔後に化粧水をつけて乳液で仕上げるというステップは、誰もが毎日行っている基本的なスキンケアの方法ではないでしょうか。

 

そんな当たり前のように繰り返しているスキンケアの中で、必ず利用される乳液についてその役割をみなさんご存知でしょうか。

 

化粧水で肌を潤した後、乳液でフタをするためだと理解されている方もたくさんいるかと思いますが、実は違うんです。

 

 

まずは化粧水から説明していきましょう。化粧水とは多くの成分が水ですがそこに水に溶けやすい美容成分を含めたものを化粧水と呼びます。大きな役割としては洗顔によって失われた肌の水分を補うことです。

 

もう少し正確に言うと、水分を肌の表面にある角質層に浸透させることで肌を整え、含まれている美容成分を肌に整えるのが化粧水の役割です。

 

しかし化粧水は多くが水で構成されているため、すぐに蒸発してしまいます。

 

そのために化粧水の後から塗るのが乳液です。乳液の役割はフタをするためではなく、本来肌の表面に構成される皮脂膜が洗顔で洗い流されているため、それを補うために塗るものであり、水分に加えて油分も含まれているものが乳液となります。

 

普段何気なく行っているスキンケアについても、目的や用途を理解したうえで活用することでより自分の肌に合ったスキンケアを見つけることができるかもしれません。

 

乾燥肌になる原因

 

乾燥肌の原因の中で注意しなければならないのは生活習慣の乱れです。

 

生活習慣の乱れによってダメージを受けると蓄積されやすいので、お手入れを行っても症状が長引きやすくなります。

 

また、生活のリズムは習慣化していますので、気付いていてもなかなか改善できないのも乾燥肌を長引かせる要因です。

 

 

具体的には、不規則な食事や過度な食事制限を取り入れたダイエットが栄養バランスを乱れさせて肌細胞の働きにも影響を与えます。

 

食の嗜好に偏りがある人も肌細胞の働きに必要な栄養をきちんと摂取できませんので、乾燥肌が悪化しやすいタイプです。

 

生活習慣の乱れとして忘れてはならないのが睡眠不足であり、睡眠中には不要な古い細胞と新しくて瑞々しい細胞の入れ替えが活発に行われていますので、
睡眠不足に陥ると生まれ変わりの働きに影響を及ぼします。睡眠というと時間ばかりに目がいってしまいますが、質の面も重要ですので快眠が得られるように工夫をすることが大切です。

 

煙草を吸う人は、喫煙による影響も覚えておかなければなりません。

 

煙草を吸うと体内の活性酸素が増えて体を正常な状態に保つために必要なビタミンが破壊されますので、細胞にダメージを与えて肌コンディションも悪化します。

 

 

敏感肌になる原因

 

洗顔をした後にひりひりとしたり、化粧水を付けると沁みたり赤くなってしまうなど、多くの女性が悩んでいると言われている敏感肌は、
肌のバリア機能が低下することで水分が蒸発し、外部刺激を受けやすくなってしまっている状態を指します。

 

肌がこのような状態になってしまう原因にはいろいろなものがあり、大きく四つに分けられます。

 

まず間違ったスキンケアにより肌の乾燥が進んでしまっているケースも多く、オイルクレンジングなど洗浄力の強すぎるものを使っていたり、肌をこするなど摩擦が多すぎることも原因の一つです。

 

次にバランスの悪い食生活やストレス、睡眠不足も肌の潤いを奪ってしまう要因で、敏感肌を作る引き金となりがちです。

 

規則正しいライフスタイルを見直すことが大切です。そして女性には毎月の生理や妊娠などホルモンバランスが崩れやすい時期があることも、敏感肌になってしまう原因の一つだと言われています。

 

生理前になると肌質が変わると感じる方も多く、ホルモンバランスは肌の水分と脂分のバランスにも直結します。

 

最後に生まれながらに肌が弱かったりアレルギー体質である方は敏感肌になりやすい傾向が強く、この場合には肌の保水力を高めるスキンケアをすることで肌質改善を図りましょう。